通勤中のバッグと荷物のしまい方

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


わたしは通勤時に
名古屋駅を通過するので、
ラッシュのピークを
はずしてはいるものの
そこそこ混雑している中を
通り抜けています。
そのときに定期!とか財布!とか
必要な物がすぐ出てくるように
しています。

通勤中の荷物は
LONGCHAMPナイロントートに
中身を横長に立てて
詰めているわけですが、

よく使う物はフタ側
(このバッグは開口部の中央部に
小ぶりなフタがついているのです。)
に入れます。

わたしはいつも、このバッグを
持ち歩いているときに、
人様からバッグの完成形が
見えるように持っています。
つまりフタがバッグ本体に
縫いつけられている側が
常に体側。
そう、よく使う物は
体側に入っています。

一度とりだした物を
バッグに戻す時も
体側に入れます。
出し入れしているうちに
使用頻度の高い物から
順番に並ぶというわけですね。

暑い季節は
ジャケットをたたんで
手に持って歩いています。
ちょうど細長くなっているので、
お手洗いのフックに
バッグをかける時などは
持ち手にジャケットと
日傘の取っ手をひっかけ、
コンパクトにひとまとめにしています。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: