持ち家を持つか持たないかによって所有物を見直す

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 757通目◯

持ち家を持つか持たないかによって所有物を見直す

2017年7月19日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

隈研吾著『建築家、走る』

のなかに、住宅に対する

欧米の考え方の違いが

紹介されていました。

アメリカでは

郊外を切り開いて

大衆が家を持てるようにした。

ヨーロッパの庶民にとっては

家とは所有するものではなく、

借りるものである、というのが

社会の前提だった、と。

家を所有しない文化って

そんなにマイナーではないのですね。

 

ひとつの場所にとどまると

決めるか否かは

なにを持つか持たないか、

どんな物を持つかに

影響します。

持ち家を持たないと

決めたからって

大きな物を持たないわけではなく、

わたしは羽毛布団も

ダイニングテーブルセットも

持っています。

いつか手放すのだろうけれど、

それらが与えてくれる豊かさを

今、存分に味わっているからです。

 

持ち家を持つか持たないかを基準に

自分の所有物を見直してみるのも

おもしろいですよ。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年7月19日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メルマガの講読解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村