冬用で兼ねる

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


わたしは、ジャケットは
総裏のが好きです。
裏地が背面の裾まで
ついているタイプのことです。
裏地がついていると
暑いので、夏季のジャケットには
背面の上部にしか裏地のついていない
背抜き仕立てもあります。

わたしは出かける時、いつも
ジャケットを持って行きます。
冷房で冷えることがあるので、
夏季も、いつもです。
冷房で冷える時は真剣に寒いので、
総裏がちょうどいいくらいです。

だから、裏無し七分袖の
このジャケットは、
登場機会が少なかったです…
七分袖だと当然下に
長袖のシャツを着られません。
春秋はインナーも
少し地厚になったり
袖が長くなったりするから、
ジャケットの厚さで調節する必要は
ありませんでした。

わたしのクローゼットに
入れるジャケットは、
冬用だけでいい、
ということがわかりました。


ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: