受け取る側にも伝統を

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 793通目◯

受け取る側にも伝統を

2017年8月24日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

わたしは

事業部や広報部に

所属しているわけでは

ないのですが、

所属部署の事業内容を

考えながら

広報のことも同時に

考える機会があります。

今もちょうどその時期です。

 

これから所属部署が

どちらの方向に進んでいくか。

広報のことを考えると

目新しさがほしく

事業を一部リニューアルする

ことに、だいたいなります。

 

でも、消費者の立場で

思い起こしてみると、

顧客の意向に100%?したがって

新鮮さを売りにしているブランドは

安く買い叩かれていないだろうか…

改善はもちろん必要だけど、

「ウチはこれです」という

変わらずにあるもの

も必要ではないか。

 

と同時に受け取る立場としても

新鮮さに心浮かされるところから

そろそろ方向転換しても

良いのではないか。

提供する側が

長く続けることによって

それが「伝統」という

付加価値になるのと同じく、

受け取る側にも

長く愛用することによって

「伝統」に相当する

付加価値が与えられても

良いのではないか。

 

シェアリングも

カスタマイズもいいけれど、

もう1歩踏み出して

物の出し入れをしない、

同じものを長く愛用する、

になっても良いのではないか

と考えています。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年8月24日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メルマガの講読解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。
 
ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: