「なにもない空間」を最初に確保する

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 796通目◯

「なにもない空間」を最初に確保する

2017年8月27日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

わたしのスケジュール管理方法は

まず人との約束を書きこみ、

やるべきことを書き出し、

その所要時間を見積もり、

空いている時間に

はめこんでいきます。

その上でまだ空きがあれば

新たな約束や仕事を入れても

大丈夫ですし、

空きがなければ

申し訳ないけれどお断りします。

 

自分が何年生きられるかは

わからないけれど、

1日が24時間で

1ヶ月が30日や31日と

決まっているので、

当面使える時間も

決まってきます。

だから入れられる量に

限りがあります。

 

人との約束や仕事は

目に見えないものですが、

ひるがえって

目に見える物はどうでしょう。

自宅なり自分の部屋なりデスクなり

与えられている空間には

限りがあります。

 

スケジュール管理をするときに

睡眠・食事・入浴など

健康に生きるために必要な

行動の時間にあたるのが

「なにもない空間」です。

作業をとどこおりなく行ったり

快適感を味わうために

それはあります。

 

全体の空間の大きさは

決まっているのに

物が増えると収納を増やすのは

なぜでしょう。

 

増やし続けても

健康を害しないからです。

 

スケジュール管理では

人との約束や仕事をつめにつめて

睡眠時間を削れば

たいていの人は

いずれ体調を崩すから

もうそれ以上入れないはず。

 

でも片付けでは

物をつめにつめても

それほど健康を害しないから

管理上の制限がありません。

 

でも本当は

効率が落ちたり

のびのびとした気持ちに

なれなかったり

影響しています。

 

目に見えるからといって

侮るなかれ。

あなたに必要な

「なにもない空間」を

最初に確保してくださいね。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年8月27日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メルマガの講読解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。
 
ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: