所有量を減らすと感覚の閾値が小さくなる

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 801通目◯

所有量を減らすと
感覚の閾値が小さくなる

2017年9月1日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

所有物を減らすと

残った物を

大切にできるようになる、

あるいは

所有物をより大切にするために

所有量を減らす、

と言います。

 

所有量が減れば

見るべき範囲が狭くなるから

詳細を見る余裕が生まれます。

すると細かな違いに

気がつけるようになって、

その細かな違いに対して

自分が何かを

感じられるようになる。

 

人生が長くなってくると

それに占める1日の

割合が小さくなって

月日が流れるのが速くなるのと逆で

所有量を減らすと

1の割合が大きくなるから

それに気づきやすくなって

感覚の閾値が小さくなります。

 

その感覚を持って

日々を見渡すと

それまでとはまた違った

見え方がします。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年9月1日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メルマガの講読解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。
 
ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: