過去のコンプレックスを片付ける

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


わたしは最近よく
Youtubeでトーク番組を見ていて、
わ!この俳優さん素敵だなあ♡
と思う人がいます。
その俳優さんは
いろいろな役をこなせる
実力派俳優ですが、
ものすごくキャーキャー言われる
イケメン俳優ではないようです。

トークしている3人の中では
イケメン俳優さんに
心ときめかせる女性が
多いだろうなあ、と思いつつ、
ついわたしは
イケメン俳優さんではなく、
そのイケメンじゃない俳優さんの方に
目がいってしまいます。

「その心理ってなんなんですかね?」
お世話になっているマダム
相談したところ、
自分はこの程度だと思っていて
その範囲で手の届きそうな人に
自分の望みを抑えているのでは?
と言われました。

ふーん、そうかあ…
と考えているうちに、
思い当たることがありました。

わたしは小中学生の頃に、
ダサい、垢抜けない自分に
コンプレックスを感じていて、
クラスの人気者に対して
劣等感を持っていたのです。
これを引きずっていたんだ!

このところたてつづけに
心屋仁之助さんの本を読んでいて、
わたしが終わりにできていない
過去の悲しい/つらいできごとって
なんだろうな、と思っていたんです。
物を片付けることで
だんだん心が軽くなってきていたので、
悲しい/つらいできごとを
なかなか思い出すことが
できませんでした。

でも「これってなんだろうなあ」
という微かな違和感をきっかけに
ひとつコンプレックスを
片付けられそうです。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: