「もったいない」と言われたら受け入れよう

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままで
できる1歩目を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 921通目◯

「もったいない」と言われたら
受け入れよう

2017年12月30日

 

このおたよりでは、

なんでもかんでも整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることで

行動に落としこみ、

人生を変えていく過程を

お伝えします。

この過程の中から

見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば

幸いです。

 


おはようございます。

 

わたしは人から

「もったいない」と言われると

キーッ!と怒ります。

 

でも後輩に対して

あの子、こうすればいいのになー

もったいないなー

と思うことがあります。

 

つまり「もったいない」とは

ある人があることに

感じている価値が

自分のそれより

低く感じられるときに

言う言葉

です。

 

だから自分が

「もったいない」

と言われたとき、

言った相手には

わたしには見えていない価値が

見えていたのです。

 

それを活かすための1歩目は

「わたしには見えていない価値が

あるのかも」と

新しい価値観を

とりいれてみること。

 

2歩目は

その価値を大事にする、つまり

その価値を受け入れて

行動に落としこむことです。

自分の価値観に反することを

受け入れたのだから、

すぐには消化できません。

でもその価値観に従うとしたら

どうするのが普通か、

を考えてやってみる。

 

いやなことといいことは

セットになっているので、

受け入れがたいものを

受け入れるほど

いいことも入ってきます。

 

そう思うと、

できそうな気がしてきませんか?

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年12月30日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
1歩目を見つけるセッション

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村
現在1位です。ありがとうございます(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: