問題に向き合うときの基本的方針

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
1歩目を見つける
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 905通目◯

問題に向き合うときの基本的方針

2017年12月14日

 

このおたよりでは、

なんでもかんでも整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることで

行動に落としこみ、

人生を変えていく過程を

お伝えします。

この過程の中から

見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

昨夜の忘年会の席で、同僚から

「うちのチームに

仕事をサボろうとしている子がいて

困っている」という

相談を受けました。

その子が今の状態のまま

できる1歩目はなにかな、

と探していて、

こういうときに

どう考えていったら良いか、

基本的方針があるといいなあ、

と思ったので、

帰宅してから探してみました。

 

それは端的にいうと

現状とゴールの確認、です。

具体的にいうと

<今あるものの確認>

1.今、なにを見ていて

それに対してどう思っているか。

なぜそう思うのか。

2.今できていることはなにか。

とその理由。

2.からはその人の優先順位がわかります。

<ゴールの確認>

3.自分がどうありたいか。

相手にどうあってほしいか。

そして関係者の123を

洗い出してひもといていくことです。

 

同僚も、彼のチームの後輩も

悪気はないし、むしろ

自分は正しいと思って

行動しています。

でもだからこそ

人はカンタンに変わらないし、

言うことも聞いてくれません。

だからそれを認めて、

ステップを踏んでもらえるように

小さく小さくして提示してみる。

 

と、想像してみただけでは

まさに机上の空論。

そういえばうちのチームだって

後輩が言うことを聞いてくれない

場面があるな、と思い出しました。

 

彼女たちが思っているであろう不満を

その年齢だったら

わたしはこう思うだろう

と推測しました。

新しいやり方を覚えるのは面倒。

違和感がある。

今までやってきた方法でやった方が

早く完成する。など。

 

でもわたしが伝えたやり方にも

メリットがあるから

そのやり方でなされてきたわけで。

(これ↑がわたしの思っている正しさ)

 

そういえば彼女たちの直近の先輩は

入社1年目はやはり

ブーブー言っていたけれど、

こないだ見たら

わたしが伝えたやり方を

すっかり身につけていたので、

その話をして

「わたしにもできるかも」

と思ってもらい、

その方法を試してもらうことから

始めることにします。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年12月14日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービスはこちらです。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: