【LADYLIKE】効果的な使い方

正しい箸の持ち方は、
まず1本の箸をペンのように持ち、
親指と人差し指でできた輪っかの中に
もう1本お箸を通して薬指と小指で支える、
という風に言われています。
動かすのは1本目に持った箸、
上側にくる箸だけです。
すると正しいペンの持ち方は、
親指・人差し指・中指でつまむように持つ
持ち方と言えます。
どちらも正しい持ち方をしていれば
その3本の指で箸やペンを
自由自在に動かせることになります。
かなり細かい動きもできるはずです。
ふとするとなんとなくこれまでしてきた
くせのある持ち方をしてしまい、
指から箸やペンに
100%の力が伝わっていない気がします。
箸やペンを持つと時々このことを思い出し、
自分がしていることが効果的に作用するかな、
と考えるのです。
LL2015-10-01効果的な使い方