自分の頭でものを考える、
とはなにをすることか

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
1歩目を見つける
お手伝いをしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


新幹線の中は
できることが限られるので
考える絶好の機会。
昨日の投稿でお話しした
タンブラーに入ったラテをおともに、
また「考える」について考えてみました。

村上春樹著
『色彩を持たない多崎つくると
彼の巡礼の年』
を読んだことがありますか?
どこが印象に残っていますか?

わたしはつくるがアカと
再会するシーンにはっ!としました。
具体的には次のセリフです。

世の中の大抵の人間は、
他人から命令を受け、
それに従うことに
とくに抵抗を感じていない
ということだ。
むしろ人から命令されることに
喜びさえ覚えている。
むろん文句は言うが、
それは本気じゃない。
ただ習慣的に
ぶつぶつこぼしているだけだ。
自分の頭でものを考えろ、
責任を持って判断しろと言われると、
彼らは混乱する。

わたしは自分の頭で
ものを考えられるようになりたいと
ずっと願ってきたけれど、
実はわたしも命令に導かれることを
よろこんでいたのかもしれない、
と思ったのです。

では、自分の頭でものを考える、とは
具体的にはどうすることなのでしょう?

ひとつは、大晦日発行の
メールマガジンに書く、
「日記にならないブログの書き方−手順編−」
で紹介する方法をお試しいただくこと。
こちらからご登録ください(*^^*))

もうひとつは、
上司から言われた仕事でも
自分は資料やプレゼンを
なぜこう作ったのか、
この仕事をすることで
自分がどうなれるのか、
を探すこと。
5回なぜ?なぜ?と深掘りすると
自分の核となる考えに
たどり着けます。

そうすることでその仕事が
あなただからこそできることになり
人生のコントロール感を
取り戻せます。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
1歩目を見つけるセッション

ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: