なくなりそうで、なくならないもの。

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままで
できる1歩目を探す
お手伝いをしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


砂消し。
今では修正テープ(液ですらない)や
Frixionに押されて、
もう天然記念物のように思える。

砂消しで間違ったところを削りとって
毛羽立った紙の繊維を
爪の表面で押し固めて、
紙の表面を整えてから、また書く。

本当は一から書き直した方が
良いのだろうけど、
また間違えるかもしれないし、
質の良い紙をぽいぽい捨てるわけにも
いかないので、砂消しで削りとる。

そんな面倒なプロセスを慈しみ、
ロマンを感じている。
修正テープより仕上がりがきれいだと
自己満足に陥っている。

プロセスが面倒で、
思いの外紙が薄くて破けたり、
再度書いたらインクが滲んだり、
仕上がりがきれいにいくとは限らない。

でも使ってしまうのは、
面倒なプロセスを踏むことで
気持ちを込めたと自己満足できるから。

なくなりそうでなくならないものには
理由がある。
それは、目に見えるとは限らない。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
1歩目を見つけるセッション

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村
現在1位です。ありがとうございます(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: