雅語

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


「雅語」という言葉に出会ったのは、
「勤しむ」を辞書で引いたときでした。
雅語とは、新明解国語辞典によると
「古代・中世の詩歌や物語・日記の中に
用いられた和語。部分的には、
字音語の和語化したものをも含む。
現代でも和歌・俳句などの世界では
用いられる。」だそう。
そんな日本語あったんですね…

いつの時代も若者の言葉遣いには
眉をひそめられているみたいですが、
そもそも言語というものは
変化するものだから
眉をひそめられるいわれはないんだ、
という説もありますね。
けれども私は提示された規則に則るのが
わりと好きなので、
ら抜きをしないとか、
いろいろ気をつけてしまいます。
母親にもすごく注意されましたし。

私は茨城県出身なので、
「するんだ」のことを「すんだ」と
言ってしまう癖があります。
これは直したいです。

でも
「本当はすべきだったけれども
やらなかった」の意を表す
「しないちゃった」は気に入っているので、
直さずに使っています。
でもこの言葉を使う状況というのは
あまり良い状況ではないので
使わずにすむように日々過ごそうと思います。


ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村