自分はなににときめくか

こんにちは、伊藤 文です。
日々の暮らしを素敵にするヒントを
お伝えしています。

◯オススメ記事を「暮らしのエッセイ」として
まとめています。
こちらからご覧いただけるとうれしいです◯


「ときめき」とは、
理想の自分になれそうな
期待感のこと。

「理想の自分」とは
自分の感情の源泉にあるものに由来する。

わたしは以前から
「図書館のような部屋に住みたい」
と思っていた。
今、わたしは
椅子の背後にある白い壁を
本棚で埋めるかどうか
決めかねている。
本棚を持てば
村上春樹全集も
レイモンド・カーヴァー全集も
一度は手放した
ゼルダ・フィッツジェラルド全作品も
置けるけれど。
(揃っているのが好きなので、
つい全集を持ちたくなってしまう。)
一度は減らした所有物を
そこまで増やして良いものかと。

今の部屋に入居するときに
望んでいたことは
「ホテルみたいな部屋に住みたい」
だった。
ホテルは不特定多数の人に
使いやすいと感じてもらえるように
必要最小限の家具と備品を配している。
そこに滞在する人には
どこにでも行ける自由や解放感が
与えられる。

所有物を減らして減らして、
自分の中を見つめて見つめて、
その結果、おそらくわたしは
自分が好きな物に囲まれて
そこに自分を結びつけることを
どこにでも行ける自由よりも
求めているのではないか、
と思っている。

最終的な答えを出すのは、
わたしの感情の源泉にある
コンプレックスを解消してからに
しようと思う。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
1歩目を見つけるセッション

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村
現在1位です。ありがとうございます(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: