持ち帰った仕事を
休日にすることについて

こんにちは、伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままで
できる1歩目を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 1070通目◯

持ち帰った仕事を休日にすることについて

2018年5月28日

 

このおたよりでは、

わたしと同じように仕事で消耗していて

解決の糸口を探しているあなたに、

物と思考を片付けることで

今の仕事をもっと楽しく

できるようになる方法や考え方を

一緒に探しながらお伝えしていきます。

この過程の中から

見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

昨日は持ち帰った仕事を

しようとしたのですが、

テーブルでパソコンを開いたまま

眠り込んでしまいました…

一昨日は、丸一日ではなかったとはいえ

仕事だったので、

仕事のことをなにもしない日が

週に1日はほしいなあ、

というのが正直なところ。

 

あるいは、

仕事をしているときの気持ちが

遊んでいるときの気持ちと

同じだったらいいですよね。

 

遊んでいるときの気持ちの

根っこにあるのは、

締切と責任がないことです。

 

締切がないことについては

まるで締切がないかのような生活

に書いた通り、

早くとりかかって

ものすごく早く仕上げること。

 

責任がないことについては、

仕事で責任がない、というのは

ありえないけれど、

遊んでいるときは

「役に立てばラッキー。

 役に立たなくてもオッケー。」

だと思うんです。

これについては、

また後日に考えるとして。

 

昨日のわたしの気持ちをひもとくと、

 

1.この仕事は締切が迫っている。

他のプロジェクトに早くとりかかって

余裕を持って仕上げられたけれど、

昨日の仕事にまで手が回りませんでした。

(だから持ち帰ってきたんだ!!)

 

2.2年前にも同じ仕事をしたのに

やり方がわからないような気がしている。

当時、マニュアル化まではしなかったけれど、

テンプレートはちゃんと残っている。

 

ということは、まずやるべきは

1.作業時間を確保する。

これは「手帳に書く」が

具体的行動です。

2.わかるところから攻めていく。

テンプレートがあるのだから、

よーく落ち着いて考えれば、

やり方がわからないような

「気がしている」だけ。

 

「せっかくの休日なのに…」

と思ってしまうけれど、

そう思わずに楽しくやりたい。

そのためには、

自分の気持ちをひもとき、

自分にできそうな具体的行動に

落とし込む。

自分の気持ちを

ないがしろにしないこと。

それがいちばんです。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2018年5月28日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
1歩目を見つけるセッション

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: