朝起きるために強制力を使う

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 138通目◯

朝起きるために強制力を使う

2015年11月6日

 

このおたよりでは、

時間・空間・行動を管理して

もっと自分の思い通りの日々を過ごしたい!

とお思いのあなたに

生活のしくみ化コンサルタントのわたしが

続けてきたこと、

現在試していることで

よかったことだめだったことなど、

きちんと系の内容をお話ししていきます。

よろしければ参考になさってください。

登録者数:99名

 


◯今日のおたより◯

おはようございます。

昨日はどんな1日でしたか?

 

このメールマガジンは朝起きて

書いているわけですが、

お盆明けに体調を崩していた時、

「明日こそダメかも!」と思って、

寝る前に書き上げていたことが

実は何日かありました。

 

すると起きてからする用事がなくて

張り合いがないせいか、

朝ゆっくりできることが

体調を回復させるでもなく、

ただ生活のリズムが乱れていった

だけでした。

 

だから早起きするためには

・朝起きてやることが決まっている。

・それが自分にとって楽しい、

もしくは取り組みやすいことである。

(頭を使わないことだとなお良し。)

・それが人から見えることである。

が大事ですね。

 

わたしにとっては「満員電車に乗りたくない」

という動機もあって、

こちらも同じ電車に乗る顔ぶれは

いつも一緒なので

張り合いにつながらなくはないのですが、

知り合いではないので、

メールマガジンの強制力にはかないません。

 

うちの近所では川べりで

毎朝ラジオ体操が行われていますが、

毎日通っているうちにご近所さんたちと

顔なじみになると思うので、

こちらもきっといい強制力に

なるのではないかと思います。

 

だから早起きのための3つ目のポイントは、

「それが人から見えることである。

(実際に顔をあわせるとなお良し)」です。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2015年11月6日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービスはこちらです。

【第二領域への投資が自動的にできる
生活のしくみ化セミナー

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。
 
ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: