【生活のしくみ化】卑近な理想像を描いて優先順位をつける

○生活のしくみ化だより 140通目○

卑近な理想像を描いて優先順位をつける

2015年11月8日

 

このおたよりでは、

時間・空間・行動を管理して

もっと自分の思い通りの日々を過ごしたい!

とお思いの方に

生活のしくみ化コンサルタントの私が

続けてきたこと、

現在試していることで

よかったことだめだったことなど、

きちんと系の内容をお話ししていきます。

よろしければ参考になさってください。

登録者数:99名

 

○今日のおたより○

おはようございます。

昨日はどんな1日でしたか?

 

最近はまたいつにも増して

あれもこれもちゃんとやりたくなって、

各タスクへの取り組みも、

1日にどのタスクを入れるかの計画も、

格闘しております。

しかしちゃんとやりたくなると

よけいにタスクに時間がかかるので、

当然ながら1日のうちに

入りきらないタスクがあったり、

睡眠時間を減らしたりしてしまいます。

もう生活を維持するのは、

「あれもこれもちゃんとやりたい」

という気持ちひとつになってきますし、

当然ながら、無理も出てきます。

いろいろと生活をしくみ化して

無駄を排しても、

やはり1日は24時間で、限界はあります。

 

そんな時に必要になってくるのが、

「自分がどうなりたいか」です。

それに直結するタスクが

優先するべきタスクなのですが、

「やるべきことをちゃんとやる

自分でありたい」なんていう

理想像を掲げると、これまた

タスクに優先順位をつけられなく

なってきます。

 

自分の理想像には

「ありたい」「したい」「持ちたい」

といった要素があり、

「ありたい」は抽象的であり、

それを掲げることは高尚な感じがしますが、

「したい」「持ちたい」といった

卑近にし得る理想像を掲げることも

理想像を掲げる時には

大事になってくる場合がありますね。

 

自分がどんな仕事を

どこでどんな風にしていて、

道具は何を持っていて、

という細々した理想を描いて

自分のタスクに優先順位をつけるか…

それが今日の私のタスクです。

 

それでは、みなさま

良い1日をお過ごしください。

2015年11月8日

伊藤 文

 

○セミナーのご案内○

【第二領域への投資が自動的にできる
生活のしくみ化セミナー】
http://7fumi23.com/?p=54

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)
7fumi23@gmail.com

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。
http://7fumi23.com/?p=185
ご購読ありがとうございました。

Please follow and like us: