作成者別アーカイブ: Fumi_ITOH

Fumi_ITOH について

1981年生まれ。 茨城県出身。 幼少の頃から、生活を整えることが得意であり、 小学生の頃に整理整頓に目覚め、また、高校生の時から早起きを継続中。 現在はさらに、生活全般のしくみ化を実践し、 第二領域の活動を積極的に実施中。 またこの経験を活かして、生活のしくみ化コンサルティングを実施し、 人がもっと時間を有効に活用でき、 よりよい未来に向けて行動するためのサポートをすることで、 人が未来に希望を持ち、 前向きに行動できる社会を築くことを目標としている。

空白の時間

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 849通目◯

空白の時間

2017年10月19日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

わたしは寂しいと思う気持ちを

解決したことがありますが、

寂しさをやり過ごす方法

概ね、

無駄なこと、有益でないことを

することです。

 

つまり、寂しさを解決することは

退屈さから遠ざかることです。

 

しかし、部屋だけでなく

スケジュールも空白を

楽しもうと思うと、

寂しさ・退屈さと

相対することになります。

 

今していることが

実は楽しくないとき。

ちょっと手を止めて

なんにもなさを

そのまま受け止め

感じてみる。

思っていることが

頭の中にぽろぽろと浮かんできて

自分にとって大事なことを

考える時間になったりする。

 

小学生の頃、退屈なのがイヤで

やることのないときは

雑誌に載っているレシピを

ノートに書き写して

写真を貼り付ける、

ということをして

無理矢理、空白の時間を

埋めていました。

 

それ以来ずっと

なにかしなくちゃ!と思い

有用なことができなかったときは

後悔したり自分を責めたり

していたけれど、

空白の時間・退屈さは

実はコワイものではありませんでした。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年10月19日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。
 
ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: