カテゴリー別アーカイブ: 気持ちが落ち着く

自分の好きに「できない」
のではなく「していない」

こんにちは、伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままで
できる1歩目を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 1228通目◯

自分の好きに「できない」のではなく「していない」

2018年11月4日

 

このおたよりでは、

わたしと同じように

日々の仕事で消耗していて

解決の糸口を探しているあなたに、

物と思考を片付けることで、

自分を表現し

自分にしかできないことを

一緒に探しながらお伝えしていきます。

この過程の中から

見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

時間のギフトが舞い込んできた話

はすべて仕事の話でしたが、

プライベートの予定でも

会う予定の人から

当日キャンセルの連絡があったとき、

残念な気持ちと同時に、

正直、ちょっとうれしかったりします。

 

自分の好きにできる時間が

増えるからです。

 

言い換えると、

人と一緒にいるときは

自分の好きにしていないからです。

話の切れ目が来るまで

トイレに立つのを延々待ってるとか

その程度のことですが。

 

なぜ自分の好きにしないかというと、

相手に悪いと思っていたり

(相手が話している途中で

トイレに立ったら失礼かな、と)、

これは自分がされたら嫌だな

と思っていることだったり

するからです。

 

もしかして、

「人といるときは

自分の好きにできない」

と被害者になることによって、

一人でいることを

正当化しようとしている??

 

相手からの同情を求めたり

被害者ヅラをすることによって

自分で自分に許可することが

わたしは多いようです。

自分を正当化して、

上から目線になりたいみたいです。

 

そんなことして

なんの意味があるんでしょうね。

誰の許可も理由もなく、

好きなようにしたらいいのに。

 

あなたもなーんか

人に気遣って

疲れていたりしませんか?

それ、自分が好き好んで

やっているかもしれないですよ。

そこにはなんのメリットが

ありますか?

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2018年11月4日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
1歩目を見つけるセッション

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: