部屋が片付く」カテゴリーアーカイブ

なぜそれを「問題」だ
と思っているのか

こんにちは、伊藤 文です。
自分と会話をすることを通して
自分がなにを思っているのかを明らかにし
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓

 


◯生活のしくみ化だより 1534通目◯

なぜそれを「問題」だと思っているのか

2019年9月6日

 

このおたよりでは、
以前のわたしと同じように
日々の仕事で消耗していて
解決の糸口を探しているあなたに、
自分と会話することで、
本来の自分を生きることを
お伝えしていきます。
この過程の中から
見えてくるなにかが、
あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

昨日は、物を捨てるときに

元が取れたか取れていないか

気にすることについて考えました。

 

記事を配信したあと、

「そもそもわたしはどうして

それを問題だと思っているんだろう?」

と思い当たりました。

 

先日、無職になることを想定して

安いマンションの内見に行ったとき

気にしていたのは

ドラム式洗濯機が置けるかどうか、

ベッドの上にセミダブルの掛け布団を

広げる広さがあるかどうか、

でした。

 

どちらも万の位が2桁な上に

買ってから3年前後。

元が取れていない気がしたので

まだ使い続けたかったのです。

 

元が取れたか取れていないかが

わたしの行動を制限しているような

気がしたんです。

だから問題だと思ったんだ。

 

使っているときの手入れや捨てるときに

なーんにも考えなくていいのがいいな。

というのは、手入れを誤って傷めたりして

元が取れていないうちに捨てるときに

感じる気持ちがイヤだから避けたい

という理由です。

 

そして、手入れのときや捨てるときに

なーんにも考えなくていいのがいいから

捨ててもいいヤツを選ぶ、というのは

ちょっと悲しい。

 

だから元が取れた/取れてない問題の

歩を進める先としては、

すでに元が取れている

と感じられる可能性を探ってみることでした。

 

布団と洗濯機なんて毎日使う物。

購買価格を使用日数で割ってみると

1日あたり300円もしませんでした。

数字で見えると「なるほどね」と思う。

そしてこれまでの毎日が

いかに快適だったか、を考えると、

元が取れてない!!という気持ちは

すこし薄らいだのでした。

 

でも便利で快適な故に

まだまだずっと

使い続けていたいですけどね。

 

今日もあなたが

目の前のよろこびに

たくさん気づけますように。

2019年9月6日

伊藤 文


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

Please follow and like us:
error