カテゴリー別アーカイブ: 上品になる

趣味が読書であることについて

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
日々の暮らしを素敵にするヒントを
お伝えしています。

◯オススメ記事を「暮らしのエッセイ」として
まとめています。
こちらからご覧いただけるとうれしいです◯


今回の旅の読み物は
『POP EYE』の
「二十歳のときに何をしていたか」
特集と
『村上春樹雑文集』。
しかし今回は機内でも
ばりばり仕事をするつもりなので、
あまり読み進められないと思います。
読みたくなっても大丈夫なように
という安心グッズです。

本を持っていれば
出かけ先でも安心なわたしは、
趣味を聞かれると
「読書です」
と答えています。

しかし以前知り合いのマダムに
「どのくらい読んでいたら
趣味は読書だって言っていいと思う?」
と聞かれました。
猛者は1日に2冊読むそうですね。
そこまでいかないと
趣味は読書だと言ってはいけないか?

わたしが本を読み始めたのは
20歳過ぎだし、
同じ本を何度も読むし、
読むのは村上春樹作品その周辺ばかり。
かなり偏っていて、
本当は趣味が読書だと
言ってはいけないのかもしれない。

でもわたしは本人の思い入れ次第で
趣味は読書だと言っていいと思います。

だって、毎日2冊ずつ本を読む人って
雨が降ろうが槍が降ろうが
ランニングに出るランナーと
同じくらいのすごさだと思うんです。
ランナーの間ではおそらく
雨が降ろうが槍が降ろうが
ランニングに出るランナーは
「病気(笑)」と言われますよね。
元市民ランナーの父が言っていたので
あながち見当はずれな
見解ではないと思います。

わたしもブログを
1日2記事ずつ書いていて、
そのせいで睡眠不足になったりして
「病気(笑)」の域に入りつつ
あるような気がしているけれど、
やはりこれも趣味です。

だって、だれに査定されることなく
のびのびと思ったことを思ったように
書いているから。

しかし、最近わたしが
うすうす感じているのは、
「本当に思っていることを書けた!」
と会心の出来だと思っている記事は
いいねの数が伸び悩む、
ということです。
となると趣味でなくては
続けられないです。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
1歩目を見つけるセッション

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村
現在1位です。ありがとうございます(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: