カテゴリー別アーカイブ: 片付ける動機

せざるを得ないことからも充実感を得る

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 878通目◯

せざるを得ないことからも充実感を得る

2017年11月17日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

わたしは中高生の頃、

英検を受けていました。

準2級まで合格したのですが、

日々学校の勉強をするのが

せいいっぱいで、

英検のための勉強は

まったくできませんでした。

 

準備ができず本番に臨むことに

虚しさをおぼえ、

英検への挑戦は

そこでやめてしまいました。

 

ひるがえって、今。

現実的には

雪崩のようにやってくるタスクを

こなすことを迫られているけれど、

できれば目の前にした

ひとつひとつのタスクに

真剣にとりくみたい。

やっつけでやった仕事が

うまくいっても、

得るものがなければ再現性もなく、

虚しいからです。

 

どうせやらなくてはならないのなら

少しでも手応えを感じたい。

そのために必要なのは

時間と場所と自分の健康状態を

整えること。

時間に追われなければ

気持ちの余裕を持てるし、

自分の健康状態が良ければ

心地よくとりくめます。

 

しかし時間と健康状態は

自分でコントロールするのが

難しい部分がある。

雪崩のようにやってくる

勢いとスピードに対抗するために

自分がコントロールしやすいのは

場所を整えることです。

だって物は

自分で置いたからそこにあるわけで、

自ら移動することは

できないからです。

 

仕事に追われて苦しくても

そこから充実感を得ることはできる。

そのための小さな一歩を

片付けは叶えてくれますよ。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年11月17日

伊藤 文

 


◯ご提供中のサービスはこちらです。

◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。
 
ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: