カテゴリー別アーカイブ: 片付けた結果

手放すより血肉にすること

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


昨日受けた社内報のインタビューで
「図書館で本を借りますか?」
と聞かれました。
「わたしはこのところ
電子書籍派なので
あまり利用しないですね」
と答えたところ、
インタビュアーの方が
「わたしは本に書き込みをしたいので
図書館を利用できないんですよね」と
悩みを吐露しておられました。
本が好きでたくさん読むから
図書館を利用できると
経済的にラクになるのだけれど、と。

わたしが紙の本を読んでいた頃、
読書法の本に影響されて
心の琴線に触れた部分に
線を引いていたこともありました
物が大好きなのに
物を持つことに耐えられず
(これについては
明日のメールマガジンで)
古本屋さんに売ることを考えて、
線を引かなくなりました。

でもそうすると、
人に伝えたい時にパッと
心の琴線にふれた一節
引用できないんです。

だからまた、線を引くことにしました。
物を手放すことを考えるより、
読んだ、使った経験を
自分の血肉にすることを考えよう。
おいしいものを味わって食べ、
消化するように、
物を手にして使うことを
自分の中に通過させることを
よろこびにしよう。

線を引く道具としては
梅棹忠夫著『知的生産の技術』に倣って
鉛筆にしました。
こういう古い本には
鉛筆のアナログさの
雰囲気があっていて良いです。


◯ご提供中のサービスはこちらです。

◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Please follow and like us: