ノート」タグアーカイブ

「Notebookで設定変更」に挑戦

こんにちは、伊藤 文です。
日々の暮らしを素敵にするヒントを
お伝えしています。

◯オススメ記事を「暮らしのエッセイ」として
まとめています。
こちらからご覧いただけるとうれしいです◯


このところ藤本さきこさんが提唱している
「設定変更」っていいなと思い、
ちょっと真似してやってみていて、
その経過でワードディレクターの
高橋さやかさんの方法
わたしにとってはわかりやすいな、
と思ったので、真似して
やってみることにしました。

まず、ノートを
見開き1ページで使うことに
抵抗あり!!
これまで右ページしか使わないのが
わたしのルールだったから。
でもここは新しいルールに
グッと足を踏み入れます。

まず、今日起こった出来事の中で
印象に残った感情は
「仕事を断ったら、
先方から『問題ない』と言われて、
ホッとしつつも罪悪感があったり、
『お前なんかいてもいなくても
同じなんだよ!!』
と言われていそうな気がして
ざわついている。」
でした。

なぜホッとしているのか?
怒られる、非難めいたことを
言われると思ったから。

なぜ怒られると思ったのか?
上司や同僚はわたしより
多くの仕事を抱えているだろう上に、
その仕事も引き受けるだろう。
わたしは若い方で仕事量も少ないのに
なぜ断るワケ?という疑問を
自分なら持つだろうな、と思ったから。
理由なく断る=罪、
と思っているわけです。

そのときの自分を客観視すると
「気にしすぎじゃない?」
「もっと仕事しろよ(怒)」
「あいつはダメだ、やる気ない、
ほっとけ」
の3パターンが出てきました。

自分が望むのは
「気にしすぎじゃない?」と
「ほっとけ」です。

ということは、
理由なく仕事を断って
自分にとっての適量に調整したいし、
それを他人から責められたくない。
「他人から責められたくない」の方が
より強い願いでした。
「いい人、正しい人」でいたいんですね。

そして
自分からも責められたくない!
空いてのんびりした時間が
仕事に還元されなくてもいいことにしたい。
仕事第一じゃなくてもいい。
も心にある願いでした。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
1歩目を見つけるセッション

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: