自信をつける方法&雑務を断る方法

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
1歩目を見つける
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 903通目◯

自信をつける方法&雑務を断る方法

2017年12月12日

 

このおたよりでは、

なんでもかんでも整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることで

行動に落としこみ、

人生を変えていく過程を

お伝えします。

この過程の中から

見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

あるプロジェクトでだけは

「わたしの仕事は

課長にだって引けをとらない!」

と心密かに思っている、

ということに先日気づきました。

 

どうしてそんな風に

自信マンマンに思えるかというと、

そのプロジェクトについては

「どうしたらもっと良くなるか」

を四六時中考えていて、

思いついたことを片っ端から

試しているからです。

つまり、そのプロジェクトに対して

情熱を持っているということ。

 

そう、自信をつけるために

結果はいらないのです。

それはわたしが

課内で3番目の職位である

ことからもわかります。

結局、結果を出せていないから

わたしは課長ではないのです。でも

そのプロジェクトに限っては

課長に負けてないと思っている。

 

だから、自信を持つには

それについてどうしたら良いのか

四六時中考えて、

思いついたことを片っ端から

試すこと。

 

それをこれから新しく始めるのも

良いけれど、もっといいのは、

自分の1日の中で、1週間の中で、

自分がそういう態度になれている

活動がないかを探してみることです。

 

そうやって

自信を持っている自分を

自覚できると、

「わたしはもっと良くする方法を

試す人である」

というセルフイメージを持てます。

自分がすべきことを

はっきりわかっている。

すると、問題解決にとても遠い雑務は

断れました。

 

ちょうど1年前に

断る勇気」という記事を書きました。

今読み返すと

精神論を振りかざしていて

結局どうすればいいか

わからないのですが、

これではっきりしました。

 

どうしたら良いのか

四六時中考えて、

思いついたことを片っ端から

試していること。

そうすれば雑務を断るとき、

勇気さえいりません。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年12月12日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービスはこちらです。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村