生き方の表れる部屋

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
日々の暮らしを素敵にするヒントを
お伝えしています。

◯オススメ記事を「暮らしのエッセイ」として
まとめています。
こちらからご覧いただけるとうれしいです◯


知人の知人の家にお邪魔しました。
リタイアした後、趣味で作り続けたという
竹ひごの飛行機が
ところせましと吊るされていました。
なんて素敵な…!
他にも棚にアンティークのアクセサリーが
並べられていたり、
本棚にはたくさんの本があったり。

きっとこれらの物は
使用頻度は高くないのだろうけれど、
総体として醸し出す雰囲気があり、
その人がこれまで積み重ねてきたものが
見えるなあ、と思いました。
使用頻度が低くても、
持っている意義はあるのだな、と。

わたしは一時期、
使用頻度の低い物を
持っているのが苦痛で、
たくさんの物を捨てました。
でもそれも、
これまでの考え方の積み重ねの
一部だと思うのです。
だから捨ててしまったことを
悲しむ必要はない。
でも持っていることを
嫌悪する必要もない。

わたしはこれからきっと、
自分にとって大事なことを
思い出すためのフックとして、
一度手放した物を買い戻したり、
心奪われた物を迎え入れたり
していくだろうと思います。
そしてこんな部屋のような
生き方の表れる部屋に
してきたいなあと思います。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
1歩目を見つけるセッション

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村
現在1位です。ありがとうございます(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村